スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男を唸らせた石原慎太郎はどこへいった。

先週金曜日、石原慎太郎元東京都知事が記者会見した。問題の核心に迫る真実を語るとは初めからさらさら期待もしてなかったが、それ以上の無様な会見であった。「私は専門家ではない」、「司司の担当者の判断に任せていた」、「都議会も責任だ」、「東京都全体の責任だ」、「私はそんな小さなことまで一々かまっていられない」など、100%責任逃れの会見。唯一、力説したのは小池さんを責め立てる発言だけ。会場の記者の一人から「恥さらし」との声も出たし、司会進行の橋本五郎さんもたまりかねて「それでは知事は何のためにいるのか」と攻寄る場面も。
かつて男が男に惚れるくらいのカッコよさをみせていた石原慎太郎がここまで堕ちるのかと驚嘆した。

腹立ちついでにもう一つ。豊洲市場の第9回目の水質調査の地下水採取の方法について8回目までの採取方法と異なる指示を都職員が出していたとの証言。
これだけ大騒ぎしているんだから、都の職員よ、もっと緊張感をもってまじめにやれよ。お前ら、都民を舐めとんか!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

畠山 奉勝

Author:畠山 奉勝
1944年生まれ。電機メーカー定年後、大阪労働局監督課で指導員を担当。全国に先駆けて大学生・高校生などを対象にした若者労働法教育のレールを敷く。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。