スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「置いてけぼり」になる寂しい年度末。

年度末を迎えたこの時期、毎年、私は「置いてきぼり」になったような気分と寂しさを覚えます。
NHKテレビを見ていると、いろいろな番組のアナウンサーやキャスターが番組を離れる挨拶をするからです。

NHKは平均すると3年から5年単位で異動しているように見えます。今朝も「おはよう日本」担当の阿部アナウンサーが挨拶し9年間担当した番組に別れを告げました。スポーツ担当の森 花子さんも離任して新年度から茨城に移るそうです。新任地でも頑張ってほしいなと心からエールを送りたいと思います。 

 今日はこの後も、12時のニュース、シブ5時、ニュースホット関西、7時のニュース、そして"News Watch 9"などと別れのあいさつが続くと思います。ニュースホット関西のお天気キャスター・坂下恵理さんは残るのか異動するのか。明るく感性豊かで茶目っ気のある彼女が異動となると泣いてしまいそう。 でも、関東出身の坂下さんは東京へ戻りたいだろな。

みんなみんなお元気で。   "I'm very happy for you and wish you luck in your new job."

 
夕方のNHK「ニュースほっと関西」の最後で青井アナウンサー、スポーツの中山さん、リポーターの石田さんがお別れの挨拶をされましたが、坂下恵理さんは引き続き担当されるとのこと。ホッとしました。今年度も頑張ってね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

畠山 奉勝

Author:畠山 奉勝
1944年生まれ。電機メーカー定年後、大阪労働局監督課で指導員を担当。全国に先駆けて大学生・高校生などを対象にした若者労働法教育のレールを敷く。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。