スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカさんも口ほどではない、何とのどかなこと。

世界の世論を無視した上での北朝鮮の度重なるミサイル実験に業を煮やしたトランプ政権は、原子力空母Carl Vinsonを中心とするストライクグループを朝鮮半島へ向かわせた、と今月8日に発表した。さすがアメリカ、「やるなあ」と思っていた。

ところが、Carl Vinsonのarmadaは西太平洋からスンダ海峡を通過してインド洋へ向かっていた、とのこと。朝鮮半島とは反対の方向である。お笑いである。「大丈夫でっか?」と言いたくもなります。

トランプさんは口では勇ましいことを仰るが、政権全体はバラバラでまとまっていないのが目に見えてきます。
「われわれは100%日本とともにある」とうれしいことを言ってくれるが、万が一最悪の状況になれば、日本を盾にして戦うのではないのかと心配になってきます。

このくらいのどかな状況であっても何も起こっていないから良しとするか。ののしり合いの戦争ごっこで済めば結構なこと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

畠山 奉勝

Author:畠山 奉勝
1944年生まれ。電機メーカー定年後、大阪労働局監督課で指導員を担当。全国に先駆けて大学生・高校生などを対象にした若者労働法教育のレールを敷く。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。