スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝の日経社説について。

ここしばらく労働界に大きい動きがなかったし、雇用に関する政府関係会議の発信も一段落していたので、拙ブログの更新もネタ切れしていました。

そこで今朝の日経新聞社説『正社員の生産性を高めよう』について。

冒頭に「日本の正社員は付加価値を生むための専門性の不足や、長時間労働の非効率さが指摘される。正社員の働き方をめぐって改革すべき点は多い。」と記されている。
何も労働者は好んで長時間労働をしているわけではないが、この国には頑とした固定観念がある。つまり、「残業の多い人イコール仕事熱心な人」、逆に言えば「早く帰る奴イコール仕事より自分を大事にする奴」という観念である。

この固定観念に縛られて、サラリーマンはさっさと仕事を片付けて、「お先にっ!」とはいかないのである。また、ブラック企業でないまともな企業であれば、残業手当が付く。この残業手当はバカにならず、サラリーマンは残業手当を生計費にしっかり組み込んでいるのも事実である。わが国の労働者は残業時間の少なさよりも、残業手当を選好する傾向が極めて強い。

また、 「日本の正社員は職務を定めて雇用契約を結んでいるわけではなく、会社の命令で柔軟に担当業務が変わる。会社は人事異動がしやすく、組織の再編や需要の変動に合わせた生産調整などに便利だ。」というわが国独特の雇用慣行がある。濱口桂一郎先生のいうメンバーシップ契約という形態である。この日本的雇用慣行はもはやわが国企業が維持できなくなっているし、労働者側の価値観も変化しつつある。

メンバーシップ型の雇用形態では日経社説がいうとおり、会社の命令によって仕事が変わるのでいわゆるプロが育ちにくい。日本以外のほぼすべての国のように、具体的職務で雇用契約をするというジョブ型の雇用形態であれば、グローバル化した職業社会で世界に伍していける人材が育ちやすいといえる。

大事なことは、使用者の意識改革はもちろん、労働者の意識改革がもっと鍵を握る。一生、会社に「めんどう見てもらう」という卑屈な考え方を捨てて、「仕事のプロ」として誇りをもって企業と向き合うことだ。

人事、法務、経理などのプロフェッショナル、または、回路設計技術者やITエンジニアなど、ひとつの分野のプロとして「腕を磨く」ことだ。会社に依存するのではなく、会社から依存される職業人になることだ。

一部の思想を抱く人々には、「労働者は企業に面倒見てもらって当たり前」という姿勢が強くみられるが、そのような考え方自体が労働者の尊厳を奪っているのではないか。
企業に寄りかからない誇り高きプロフェッショナルを目指そうではないですか。

一昔前、植木等さんが歌った『サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだっ!』という時代はとっくに終わっているのだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

畠山 奉勝

Author:畠山 奉勝
1944年生まれ。電機メーカー定年後、大阪労働局監督課で指導員を担当。全国に先駆けて大学生・高校生などを対象にした若者労働法教育のレールを敷く。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。