濱口桂一郎先生の新刊書に期待。

濱口桂一郎先生の新刊書『日本の雇用と中高年』が間もなく刊行されます。私は一週間前にAmazonへ予約注文しました。人気におぼれて似たような本を次々と出版して稼ぐ作家や評論家とちがい、濱口先生はじっくりと練った上で、絶妙のタイミングで世に出される。立派な著作態度だと思います。

濱口先生のこれまでの著作はどちらかと言えば、若者に教えることに軸足が乗っていたように私は感じるのですが、今回は中高年の雇用がメインのようです。日本の雇用システムや慣行は今の中高年が恩恵を受けてきただけに、経済環境や雇用環境が様変わりしている現在、中高年の労働者こそ雇用に係る価値観を変える必要があると考えています。中高年労働者の被雇用者価値観が変わらなければ、日本の雇用システムはなかなか変わらないと思っています。

日本の中高年の労働者は過去の慣習ときっぱりと訣別して、企業にしがみつくのではなく、プロフェッショナルとして腕を磨き、使用者と堂々と渡り合うという精神を持たなければなりません。

てなことを先生が論じておられるのかなと一週間後に届くのが楽しみです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

畠山 奉勝

Author:畠山 奉勝
1944年生まれ。電機メーカーで35年間人事・労務を担当し、定年後はキャリアカウンセラーを経て、大阪労働局監督課で4年間指導員を担当。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR